ベンチャー企業に転職するメリットとデメリット!経験者が語る体験談

ベンチャー企業の管理部のあれこれ

こんにちは、ぷーめいです。

転職活動する際に、
ベンチャー企業も視野に入れたいけど
『ベンチャー企業って実際どうなんだろう?』
と不安で悩んでいませんか?

この記事で紹介する
『ベンチャー企業のメリット・デメリット』
を読むと、ベンチャー企業に対してのリアルなイメージが湧くようになります。

なぜなら、私が実際に経験した、
メリット・デメリットを赤裸々に書いているからです!

この記事では
一般的なメリット・デメリットに対して
実際の経験談をご紹介します。

目次

記事を読み終えると、ベンチャー企業に対しての具体的なイメージが湧き
転職先の候補に入れるかどうかの判断に使えるかと思います!

そもそもベンチャー企業とは?

そもそもベンチャー企業とは?
簡単に言うと、
ベンチャー企業とは、新たな技術やビジネスモデルを創出、展開し成長を目指す企業とされています。

ちなみに「ベンチャー企業」
和製英語なので日本でしか通じないそうです!

ベンチャー企業の明確な定義はなく
設立から数年程度の若い会社などを指すようです。

英語では”startup company”, “startup”と呼ばれ、近年では日本でも「スタートアップ」という言葉が主にIT業界で使用されるようになっている。
ベンチャーとスタートアップを区別する場合もあるが、日本ではその差は明確にされないことが多い。
企業によるベンチャーには次のような期待がある。

・新たな市場分野の開拓
・新規の雇用の創出
・新たな技術やビジネスモデル(イノベーション)の創出

Wikipediaより引用

なぜベンチャー企業のメリット・デメリットを知ることが大切なのか?

なぜベンチャー企業のメリット・デメリットを知ることが大切なのか?
まずは何事も、何かを検討するには
メリット・デメリットを知ることが大切です。

なぜなら、自分が未経験のことは
どれだけ想像してもイメージが湧かないからです。

入社後のミスマッチを防ぐためにも
私の経験談を見ながらイメージしていきましょう!

一般的に言われているメリットとは?

まずは一般的に言われているメリットから見ていきましょう。

  • 自分の成長につながる
  • 自由度が高い、融通が効く
  • 経営陣に声が届きやすい
  • 新しいサービスや製品等で企業の成長に期待できる
  • 上場企業になるチャンスがある

などと言われています。

ベンチャー企業のメリット実際の経験談

ベンチャー企業のメリット実際の経験談

自分の成長につながる

結論から言うと成長します。
そして、なんとかして業務をこなす力がつきます。

これは、1人が担当する業務が幅広いためです。
おそらくどのベンチャー企業でも似通っているかと思いますが
少数精鋭のため『〇〇だけやっていれば良い』状況にはなりません。

実際に、私が入社したときは明確に『〇〇担当』なんて決まってませんでした。
バックオフィス業務まるまるよろしく!
状態です。
総務、経理、労務、法務業務もあれば営業事務もする。
当時は結構大変だったんですが、
この時の経験が職務経歴書に活きてくるんですよ。

大企業や、ある程度社員が多い中小企業はどうでしょうか?
おそらく、担当業務を細かく割り振っているかと思います。
やってみたい業務に気軽にチャレンジできないですよね。

その点ベンチャー企業では、
これからやらなきゃいけないことが
盛りだくさんなので、自分のやる気次第で様々な業務に携わることができます。

自由度が高い、融通が効く

働き方、業務の進め方など比較的融通が効く場合が多いです。

なぜなら、近年の新しい働き方などを
導入している企業が多いからです。
業種にもよりますし、大企業も導入してますが、リモートワークやフレックスタイム制で働ける企業が多いですね。

私が経験したベンチャー企業では、
週3〜4日程度のリモートワーク、フレックスタイム制でしたので
『自分がやるべき業務をちゃんとこなしていれば割と自由』状態でした。
ちなみに現在の会社はフルリモート可能です!

逆に言えば
『決まった時間決まった場所にいれば仕事している』とみなされないので
自己コントロールが必要です。

自由であるが故に実績が見えないと評価もされません。

経営陣に声が届きやすい

少数精鋭のため経営陣と距離が近いです。

社長の人柄にもよりますが、
直接社長や経営陣に意見することも可能です。

社長との間に存在する課長、係長などの
細かい役職が付くほど人員がいないこともありますね。

私も業務遂行にあたり改善してほしい点や相談事など直接意見してました。

それくらいには距離も近く意見も言いやすい
聞いてもらいやすい環境かと思います。

新しいサービスや製品等で企業の成長に期待できる

ベンチャー企業では新しいサービスや製品を提供しているため
これから成長していく過程を近くで感じることができます。

これは、すでに知名度があり、
成長している大企業では感じられないメリットでしょう。

実際に、私が入社したときはまだ世の中に数件しか導入されていなかった
製品も現在では数百件と実績を積み、ユーザーも増えてきているのを感じると
『これから知名度爆上がりしたらすごいなー!』
なんてワクワクしました。

成長前の段階を知っているからこそ、
これからの企業の成長に期待することができます。

上場企業になるチャンスがある

上場を目指している企業が多いです。

投資家から資金調達しているベンチャー企業が多いので目指すは上場です。

私が経験した企業も上場を目指していました。

上場を目指すには内部統制やら色々とクリアしないといけないことも多く
かなり大変なのですが、これも経験に繋がります。
実際に上場したら、
これはかなり職務経歴書に活きてきます。

そしてストックオプションにより
自社株を少しでも持っている状態で上場したら??夢がありますよね!

一般的に言われているデメリットとは?

ここからはデメリットも見ていきましょう。

  • 将来が不安
  • 給料が低い
  • 社風による
  • 福利厚生が整っていない
  • 業務量が多い

などがあります。

ベンチャー企業のデメリット実際の経験談

ベンチャー企業のデメリット実際の経験談

将来が不安

わかります!将来性がないのでは?という不安ですね。

これは、提供している新しいサービスや製品が成功するか
その成功が続いていくのか、拡大していくのか読めないからです。

私が経験した企業でもその不安はありました。
認知度が上がらず、
導入実績もなかなか上がらない。
導入されないと売上もない、
資金繰りも雲行きが怪しくなってきた。
経営陣が借り入れに奔走している。
待って待って、今月末の支払いはー?!
というレベルの不安は正直何度も経験しました。

ただし、ベンチャー企業だからといってこんな状態の企業ばかりではないです。

これは本当に企業と業界によるので
これから広がっていくであろう業界を選ぶことが大事です。

給料が低い

ずばり、最初は潤沢に資金がないからです。

創業当初から
儲かりまくり〜社員に還元〜
なんて企業は少ないんではないでしょうか?

私が入社したときは比較的一般的な金額でした。
売上が少しづつ出始めたタイミングで昇給しましたが、
やはり大企業や安定している企業と比べると全体的に低いです。

しかし、これも
企業と業界による差が激しいです。
私は現在の企業では前職から年収アップで入社できましたが、その前に内定もらった別の企業では100万円以上年収ダウンでの条件提示でした。

何度も言いますが、本当に業界によります。

社風に影響される

社風が合わないと辛いです。

これは、メリットで挙げた
『経営陣と距離が近い』が悪い作用をする場合です。
ワンマン社長や経営陣の、理念や重要視していることが合わないとストレスを抱えます。

実際に、これは私が退職するきっかけになりました。
社長が重要視していることや評価する基準が理解できなかったからです。
当初はそうじゃなかったのに、会社が成長するにつれて自分とは合わないな〜という状態になりました。

大企業でも社風が合わないということはあるかと思いますが
社員も多くその他諸々整備されている環境であれば、『まあ、いっか。』と割り切れる場合もあるのではないでしょうか?

それがベンチャー企業だとダイレクトにストレスになるので正直しんどいです。

福利厚生が整っていない

大企業の福利厚生って手厚いですよね。
ベンチャー企業は企業によりますが、そこまで手厚くありません。

福利厚生の制度をまだ整えられていないという点もありますが、
給料が低いデメリットと同じく、
社員に還元する資金が少ない点もあります。

経験した企業は最低限の福利厚生でしたね。大企業の『家賃補助』『社食』『〇〇手当』とか羨ましい限りでした。

しかしながら、これから成長して
福利厚生を整備していこう!となったときに
導入の提案ができることは前向きに考えればメリットかな?と思います!

業務量が多い

多いです。

なぜなら、少数精鋭の企業が多いからです。
これは、メリットでもありデメリットでもありますね。

私は以前、業務量が多くキャパオーバーで体調を崩したことがあります。
そしてそのまま復帰できませんでした。
バックオフィス全般&営業をやっていたときですね。
今思うと『人足りなすぎ〜成長期に人件費ケチるんじゃないよ〜』って文句を言いたいです。

解決策は、
自分のキャパを過信しないことが大切です。
責任感持ってやるのは大事ですが、
もっと大事なのは自分の身体と精神!!

『もうこれ以上無理です!人増やして!』
と言うこと。
言わないと『平気なんだな』と思われるので
そこはしっかり意見しましょう。

まとめ

まとめ
ここまでお読みいただき
ありがとうございます。

今回ご紹介した、
『ベンチャー企業のメリット・デメリット』
お読みいただいたことで、
ベンチャー企業に対するイメージが湧いたと思います。

実際に自分で経験してみないとわからないことですが

  • そもそも自分と合いそうなのか?
  • ベンチャー企業に転職するメリットを感じるのか?
  • 転職の候補としてどうなのか?

という転職活動における判断に役立てば幸いです。

この記事を読んで
『自分に合っていそう!ベンチャー企業面白そうじゃん!』と思ったら
是非転職先の候補に入れてみてください!

また、このBlogでは
ベンチャー企業に関しての記事を書いていくので是非またお越しくださいませ!